ふるさと納税を始める上で注意すべき点がありますか?

みなさんは、ふるさと納税をどのサイトからされてますか?

私は特に決めてないんです。サイト間の競争も激しいみたいですし・・・(笑)。

 

利用上限額の紹介は、たまたま「ふるさとチョイス(外部リンクです)」さんでしたが、

まずは、年間でふるさと納税へ寄付できる上限額を確認しましょう。

 

 

 

 

せっかくの制度なので徹底的に有効活用したいものです。

そのためにも、上限額を超えないよう、年間の寄付金累計額はメモしておきます。

 

今ではカード決済であっという間に手続きも完了して超楽なんですけど、

ちょっと前までは決済手段も自治体によってまちまちだったりして、

実際に返礼品を受け取るまでに時間がかかっていたりしてました。

 

まだふるさと納税をされたことがない、特にサラリーマンの方がいらっしゃいましたら、

本当にお試しでいいのでいかがでしょうか?

還付金の限度額さえしっかり確認しておけば、やらないメリットなんてないですよ。

 

 

 

 

 

 

ふるさと納税の返礼品を紹介するサイト間の競争も激しいようです。

さとふる(外部リンクです)」さんもいろいろ工夫されてます。

比較してみるのもいいのではないでしょうか?

 

2017年春先のニュースでは残念なお知らせもありました。

自治体間の競争激化から、総務省が高額返礼品の見直し・・・、Σ(・□・;)

還元率の上限設定(3割以下)の指導が出たようです。

そして2018年に入り、私が見た限り各自治体の高額返礼品は消えています。

 

まあ、換金率の高い金券とかパソコンってどうなのかな? と個人的には

正直少し思ってましたが、人口減少で悩んでいる過疎の自治体が、

税収確保目指して返礼品を頑張って開発しているケースが多いと思うんですけどねぇ。

 

でも逆に言うとそれだけメリットが大きい、やらない人とやってない人の不公平感が

懸念される、ということではないでしょうか?

 

一律に還付金が納税者に配布されるものと違い、納税者が自分が還付金として自分で

商品を選択できる仕組み、と思えばいかがでしょうか?

 

我が家はまだ今年分の枠が少し残っていますが、米を選択することが多いです。

やはり、ですよね、日本人なので毎日食べますし、必需品ですよね、

そして少しでも美味しいものを選びたいです。

 

実際、いろんな自治体の米を食べましたが、結構味が異なるものです。

特に、冷めても美味しいと感じる米があり、弁当には向いていると

我が家では大好評でした。

 

米を選ぶ場合、私は以下の点に注意してます。

 

・同じ納税額(例、1万円)で少しでも多い米(私は15kg以上を迷わず選択)

・新米登場のタイミングに気を付けます、秋頃から登場します。

・精米の保存可能期間は意外と短いので、自宅の在庫がなくなるタイミングで。

 

以上、私の失敗例から学んだ教訓でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA