為替証拠金取引、リスクはどうなのでしょうか?

昨日、FXについて投稿しましたが、もう少し詳しく見てみたいと思います。

 

【為替の証拠金取引とは?】

為替FXについては、ルールさえ守ればリスクは相当小さくすることが出来ます。

 

何故、リスクを小さくすることが出来るのか?

 

①新興国通貨は別にして、ボラティリティが非常に小さい

②相場の休みが有る...(仮想通貨と比較して、になりますが)

③ポジションに対し、金利(スワップ)がもらえる

④レバレッジを自由に自分で設定できる

 

 

今、一番ハイリスクな投資(仮想通貨)だと

 

①ボラティリティがとんでもなく大きい(1日で半額なんて普通かも)

②24h365日、戦えますか? (私は死にそうです)

③利子なんてありません、(貸出は一部取引所で有)

④一部取引所で証拠金取引あるが・・・私は怖くて絶対参戦しません

 

こんな感じです、(;^_^A

 

 

為替FXで取り扱う通貨は、みなさんよくご存知の国々の普通の通貨です。

国のことも知ってるし、換金できるのは当たり前ですし、国内でも有名な

金融機関がこぞって取引所を開設しています。

 

 

開設した口座に日本円(証拠金)を入金したら、すぐに取引開始できます。

 

そしてレバレッジは1倍でもいいのです!

 

単純に証拠金の範囲内で、外国通貨を購入すれば、それはただの両替とも言えます。

そして実際に、そのまま外貨で引き出すことも出来る取引所も存在します。

 

 

ちなみに、1$が今、110円くらいですが、それが一晩で半分の55円には

そう簡単にはなりませんし、あったら世界経済は破滅し戦争が起きるかも?

 

リーマンショックのときですら、1$=70円を割ることはありませんでした。

もちろん、新興国通貨だと半分になる可能性はあります。

 

そういう意味で、例え、半分(円高)になっても大丈夫なようにレバレッジを

効かせるには、証拠金の2倍内で投資するのが、超安全な上限と考えていいわけです。

 

もし、レバレッジ2倍で金利の高いトルコリラ(日本人に大人気)を買うとどうなるか?

 

買いポジションで受け取る金利相当は、スワップと呼ばれます。

スワップがプラス表記であれば受け取れ、マイナスなら逆に口座から引かれます。

 

トルコリラは金利が高く設定されており、海外の個人投資家に人気があるようです。

1万トルコリラ(7月30日で約23万円)を購入すると取引所によって異なりますが

大体、1日当たり100円弱程度のスワップを受け取れます。(最新のスワップ実績

 

ちなみにトルコリラは、TRY/JY と表記されます。

 

レバレッジを2倍にして、23万円の証拠金で2万トルコリラを買うイメージです。

この場合、スワップは2倍の1日当たり200円です。(日によって変動します!)

ちなみに休日はスワップがつきませんので・・・、(;^_^A

 

 

これで何故、為替証拠金取引でレバレッジを効かせた投資が人気なのか?

円安が続くと大ブームになるのか、理由がお分かり頂けるかと思います。

 

円安になれば含み益も生まれますので、証拠金はどんどん増えていきますし、

受け取ったスワップを口座に残しておけば、レバレッジの範囲内で追加投資も

可能になり、さらに受け取るスワップも増えるわけです。

 

 

でも、落とし穴があります。

為替証拠金取引の最大の敵?は、円高なのです。

それも急激な円高が一番やっかいです。

 

証拠金を増額する間もなく、円高が続くとどうなるのか?

含み損が拡大すると証拠金は実質目減りをしていきます。

例え、精算してなくてもリアルタイムに実質残額(証拠金)は計算されるのです。

 

 

そして、強制ロスカットされる前に証拠金を追加しないと、一時的な下落の後に

上昇したとしても、必要な証拠金に対するリアルタイム資産(時価)が、必要な証拠金に

対して、一定割合(例、60%)を下回ると強制清算される上に、不足の証拠金を

追証として没収されますので、ご注意を!

 

 

証拠金の計算(算出)については、取引所のHPで詳細を必ず確認ください。

 

 

また、「くりっく365」という公的な取引所まで開設されていて安心感は

とんでもなく大きいです。

 

この「くりっく365」での利益が申告分離課税である点も見逃せません。

 

詳細な説明は上記のリンク先に掲載されてますので、そちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA