仮想通貨投資は今後、一般的になるのでしょうか?

良くも悪くも、世界中で拡がり続けている「仮想通貨投資」

 

・信用できない、ただの電子ゴミでは?

・投機、マネーゲームでしょ

・いずれ0円になる、無くても誰も困らないよね

 

なんて言葉が聞こえてきそうですね。

私も2,3年前は同じ感覚でしたし、2014年に起きた「マウントゴックス事件」を

遠い世界のように感じてました。

 

この事件で大きな損失を出した、イノベーター投資家もたくさんいらっしゃった

ことと思いますし、逆に先見の明があったのだとも思っています。

 

 

その後は、みなさんご存知のとおり、ビットコインは大きく上昇を続けました。

あのとき、興味半分でも、10万円だけでも投資していたら・・・

と思った方も大勢いるのではないでしょうか?

私もその一人です・・・、(;^_^A

 

FXの投稿では、過去10年分の高金利通貨に関するチャートを載せています。

ちなみに、ビットコインの過去チャート(出来事)はこちらが分かりやすいです。

何が言いたかったかと言えば、

 

時間軸、しかも、どの10年で見るかによって、投資対象への評価は

180度変わる、ということです。

 

リーマンショック後に投資を始めた人は、ほぼ全員、ぼろ儲けしていることでしょう。

 

その1,2年前に投資を始めた人は、ほとんど市場から撤退していることでしょう。

 

仮想通貨も同じだと思っています。

 

一昨年から始めた人にとっては、素晴らしい投資対象だったでしょうし、

昨年末から始めた人にとっては、最悪の投資対象に感じたことと思います。

 

結局のところ、「自己責任」と言えばそれまでですが、

 

ある程度、リスクを許容できる資金を用意し、可能性を感じたら、ギャンブルのつもりで

長期投資する選択肢も、常に持っておける嗅覚の優れた投資家が大きなリターンを

得ることが出来るのだと思っています。

 

だから、仮想通貨へ投資する価値がある、とは決して思っていません。

私は個人的に、ブロックチェーン技術の可能性は否定出来ないと思ったため、

半分本気、半分ギャンブルのつもりで、投資に参入しています。

 

その答えが出るには、まだ時間がかかるのだと思います。

市場から強制撤退させされないよう、リスク管理だけは徹底しているつもりですが、

何が起こるか分からない、本当にとんでもない市場であることは間違いないです。

 

もし、仮想通貨への投資を検討されているのであれば、投資する前によく考えて

判断して頂ければと思います。

 

 

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA