1Broker 2週目までの振り返り

自動売買ツール(ロボット)を使った、無機質な自動トレードと異なり、
実際のトレーダーの中から、自分で選定したトレーダーと同じポジションを
とり、同じ利益を享受(負ける場合は損失も共有・・・)する仕組み。

この「1Broker」という海外サイトで実際に運用中です。このサイトに関する
登録方法や特徴の紹介記事はこちら

 

 

8月13日~17日

【運用概況】

8月6日(月)からスタートしてちょうど1週間経過して、いろいろと自分なりに

どう、この1Brokerで運用しようかと試行錯誤してきた結果・・・

結構大変だということが分かりました、(;^_^A

 

尚、1Brokerでの運用状況についてチェックする方法はこちらの記事をご覧ください。

また、コピーしたいトレーダーを新たに探す際にはこの記事も参考にどうぞ。

 

 

先週末までの資産推移です。

 

 

 

すっかり振り出し(最初の設定ミスによる損切時点)に戻った形ですが、

目先の変動を気にする仕組みではないように思えます。

 

 

 

【困ったトレーダー①】

 

トレード実績を見て、実際に12名を選んでトレードを実際にコピー出来たのは8人、

さらに黒字だったのは5人、という結果でした。

 

その中で大幅に設定トレード単価を下げることにしたのが1名います。

 

最初の失敗トレードの次に選定してからずっと、採用している 「tindalo」

です。

 

8月7日 +7.84%

8月8日 +22.44%

8月9日 +0.97%

8月13日 +23.49%

8月15日 ▲21.72%

8月16日 ▲10.45%

 

主な投資対象はUSDJPYで、ボラも小さく堅実なトレードを期待していて

投資単価を最大にしていたので残念な結果になっています、(;^_^A

 

ただ、先月から好調を持続しているので、また復活すると思っているので

外すのではなく、最低投資額(0.01)に抑えて運用継続(放置?)中です。

 

今のところ、大負けはないので、様子をみようと思っています。

 

 

【困ったトレーダー②】

一方、8月14日から採用も、大幅ドローダウンした 「neptuna」

については、8月16日に外しました。

1週目に外した 「bthomas0011」に続いて2人目です。

 

USDJPY専門で過去実績も安定感があったのですが、トレードタイミングに疑問を

感じたので外しました。(USDJPYでは成功している他のトレーダーも多いのですが)

 

実は今年の7月19日に参戦した登録したばかりのトレーダーであり、登録以降

22連勝中だったのです!(最大35.07%、小さな勝ちを積み上げるタイプ)

 

非常に期待をしていたので残念です。

 

なのに、いきなり、▲79.32%・・・

 

これでは、安心して長期で運用を任せるわけにはいきませんね。

過去実績が少ないとはいえ、ドローダウンがこんなに大きいことが分かっていれば、

最初から選定していませんでした。

 

やはり、人間ですので調子が悪いときもあると思いますが、大勝がない分

大負けは許されない投資スタイル(コツコツ)です。

 

 

【先の2週間で学習したこと】

 

やはり、ムラが生じるのは仕方ないことであり、国内のシストレブーム火付け役である

インヴァスト証券のシストレ24を過去やっていたときも、大勝のシステムに乗っかって

いればいい時期もあったのですが、それが続くほど投資の世界は甘くなかったです。

 

特に、見せかけの成績にだまされるとひどい目にあいます。

例えば(極端な例ですが・・・)

 

上昇率 300%(月間)

中身は・・・、 5% 、 3% 、 308% (たった3回)

の可能性があります。

 

この場合、たまたま大きく勝てただけの可能性が強いです。

最低でも10回以上の成績評価で、平均して利益を上げ、負けたときのドローダウンを

吸収するだけの勝ちと利幅を継続して上げている実績がないと、とても使えません。

 

ドローダウンとは、運用資産額を連続(1回含む)してどれだけ減らしたかの率です。

1Brokerの場合は、以後、1回の投資額に対する損益率の足し算で評価することとします。

 

トレーダーを選ぶ際のマイルールとして以下のように考えました。

 

 

①5人以上選び、平均1日当たり、半分のトレーダーが稼働するのを目標とする

 

稼働(トレード数)が多いほど、当然ですが全体の成績は安定します。

 

多少のΣ(゚Д゚)(想定外のマイナス)があっても、全体で吸収されるからです。

 

 

②トレーダーは、いくつか異なるタイプを複数選定する

 

→ 以下のようなタイプに、勝手に分類してみました。

・勝ちも負けも小さいが稼働率が高い(コツコツタイプ)

・勝ちも大きいが負けも大きい(ドッカンタイプ)

・大負けはないが勝てば大きい、でも勝率も稼働率も低い(宝くじタイプ)

 

 

③各トレーダーの投資額(1回当たり)累計値を運用資産額の30~40%内に抑える

 

→ 最初に失敗(いきなり強制ロスカット)しましたので、一番気を付けてます、(;^_^A

次④で出てきますが、1人当たりはもっと小さく設定してリスクを抑えてます。

 

 

④一人当たりの投資額Maxは、資産全体の10%を超えない

 

→今は信用できる成績を続けているトレーダー(せいぜい1人)1人に8%です。

 

そして②のコツコツタイプ、ドッカンタイプは4%、

宝くじタイプは2%で固定することにしました・・・。

 

 

⑤1日の最大トレード回数は、5回で統一

 

もし、④の投資額設定を資産全体の10%で▲100%を5回連続で喰らうと・・・

 

資産はあっという間に半分になります。

怖いですね・・・、(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

しばらく分析しつつ、運用を続けようと思いますが、ポートフォリオが壊滅したら

この分野は闇に葬り、2度と手を出さないでしょう、┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

 

 

その際は、誠に申し訳ありませんが、忘れてやってください、 (;^_^A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA