6月第3週からのトラリピ設定変更の効果は?

先週末に投稿したとおり、今週はトラリピの設定を変更しています。

 

対象通貨 売買        設定範囲  設定幅 利益幅 本数 注文数量

  

①ペソ円: 買 6月1週~ 5.50 ~ 5.95  0.01 300  46 1万

①ペソ円: 買 6月3週~ 5.60 ~ 5.69  0.01 600  11 4万

 

→ うーん、決済回数は0でした。まあ、評価損益は微増ですので良しとしましょうか。

 

②ドル円: 売 6月1週~  108.10 ~ 110.00 0.10 200  20  0.2万

②ドル円: 売 6月3週~  108.10 ~ 109.00 0.10 400  10  0.4万

 

→ 約2日半で決済回数は10回!(祝)、決済利益は 3,804円でした。

 なお、トラリピ設定変更に伴う、利益幅300円の残ポジション指し値決済売り(4回)を含むため、利益金額が中途半端になってます。

 

今のところ、設定変更の成果は出ているようですが、トランプ砲によるドル円上(下)振れや、FOMCの結果も気になります。

 

基本的には株高はドル円上振れ要素ですので、念のためドル円トラリピの設定を「売り」から「買い」に変更(②→③)しておこうと思います。

 

対象通貨 売買        設定範囲  設定幅 利益幅 本数 注文数量

②ドル円: 売 6月3週~  108.10 ~ 109.00 0.10 400  10  0.4万

③ドル円: 買 6月3週~  107.90 ~ 109.80 0.10 800  20  0.4万

 

レンジ下限での上方向への本数追加ですので、含み損失リスクは実質増えていませんが、最大リスクは「円安」ではなく「円高」時での発生に変わります。

 

さて、ドル円相場はどうなるでしょうか? 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA