Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

迷ったら、一時避難もありか?

一昨日晩に伯父が亡くなり今日は昨年末に他界した母に代わり、会社を休んで葬儀に参加しました。

 

いつどうなるか分からない、ということから、家族の中で私しか知らない投資をしていると、万が一に備えておくことも非常に大事になってきます。

 

それはさておき、やはり、ドル円は円高目線で「売り」のトラリピを継続しておくのが正解だったと悔やんでいます。

 

超久しぶりにトラリピを再開してからは、上述の設定変更ミスを除けば順調でしたので、目先の評価損に怯えすぎるのもよくないな、と痛感しています。

 

ということで、昨日から「売り」でのドル円トラリピを再設定しました。

 

あと、NYダウ、日経共に、なかなか方向感が定まらないようで、ドルの上値が重いことに変化はないだろう、と判断

原則(中期)は「円高」シナリオと判断し、ドル円「売り」トラリピとスイングで保有中の豪ドル「売り」ポジション以外について、評価損が膨らむリスクを避けるため、一旦ノーマル(ノーポジ)にしたのですが・・・。

(葬儀でマイナス思考が強まったという気もします)

 

売ると上がる、買うと下がる・・・、少しリスクオフタイミングが早かったかもしれません、(;^_^A

 

次に想定している大幅調整(ダウ、日経、円高)が来たら、即買い戻したいと思います。

 

さて、そう思うように展開がすぐにあるかどうか、分かりませんが・・・。

 

あと、お試しで持ってた日経ロングをあきらめて、ダウのショートに交換(少し損切)したのは、決して悪いタイミングではなかったように見えますが、あまり短期で評価しない方がいいんでしょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA