Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

仮想通貨Swarmマスターノード構築にチャレンジ!③

なかなか、思うように作業が進まなかったのですが、やっと解決の糸口が・・・

 

Swarmマスターノード構築にチャレンジ!①

Swarmマスターノード構築にチャレンジ!②

 

 

先日の投稿にあった、そもそも論として、自由にセッティングできるサーバーを探す必要が出て来ました。

 

そうです、root権限あり、のレンタルサーバーを探さなければならなかったのでした。

 

ネットで、root権限ありのレンタルサーバー会社の中から選んでみます。

 

最小仕様:

  • 1仮想CPU
  • 1 GBのRAM
  • 20 GBのハードディスク
  • 2 TB /月の転

 

ただ、この条件を満足し、且つ安くて信頼できそうな会社は限られていました。

 

最終選定結果として私が選んだのは、

GMOクラウド VPS」のサービス でした。

 

 

 

 

メモリも1GB、ディスク容量も50GB、しかもデータ転送量は「無制限」

 

文句なしです。

 

 

今度こそ、rootでログイン出来そうです、(;^_^A

 

 

ちなみに、サーバーに自分のPCからログインして操作するソフトは、今回指定されている「Putty」以外にもいろいろあるようですが、Puttyの操作画面は以下のようなものです。

 

 

 

 ポート番号(22)や、接続方式(SSH)も設定可能です。

 

 

あと、レンタルサーバーを契約する段階で非常に重要なこと、

それはOSの選択です。

 

今回は、「 Ubuntu Server 18 LTS 64bitを使用したバーチャルプライベートサーバ(VPS)」 、と指定されてました。

 

危うく、見逃すところでした・・・。

 

 

 

サーバーを自分で管理するなんて、初めての経験です。

 

と言っても、操作ガイドにある通りにコマンドを打つだけですが・・・。

 

 

今は、無料期間中ですが、無事運用開始されれば、年間契約に変更して

少しでも運用コストを下げようと思います。

 

 

7月16日から正式に運用が開始され、また報酬が支払われましたら、都度状況を投稿したいと思います。

 

 

3回に渡ってしまいましたが、下手な文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

(導入編 完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA