金、銀、どちらに投資すべきなのでしょうか

 資産と言えば金、小判も金、富の象徴と言えば金、ですよね。

 

 

 他にも、プラチナ、銀などもありますが、金の輝きに古来より人は惹かれるんでしょうね、もちろん私も・・・。

 

 金貨や少量の金を手元に保管されている方は、こっそり、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 ただ、銀を保管している、という話題を耳にすることはありません。

 

 銀は、金よりも実需(工業需要)が大きく、景気変動の波に大きく影響を受けるため、投機対象のイメージが強いように思います。

 

 また、銀は金より大幅に安く、金銀比価(金が銀の何倍の価格か指標化したもの)で言うと、昨年末で約85でした。

 

 

 (参考)田中貴金属での昨年末小売価格(税込)

 金1g =  5,887 円

 銀1g =  72.05円

 

 

 確かに銀の方が安いですね、でもまとまった量を長期資産として保管しようとすると・・・

 

 銀は10kgで72万円に相当し、もし200万円で購入したなら・・・。

 

 銀を保管しておく金庫の方が高くつくかもしれません、( ´∀` )

 

 ちなみに過去からの、金銀比価チャートを貼り付けておきます。

 

 

 

  これを見てどう感じられますでしょうか?

 

 あくまで個人的主観の話として、私は金の緩やかな上昇トレンドを望んでますが、銀にはそれ以上に期待しているところです。

 

 答えが出るのは何年先になるのやら。

 

 

 いつもの決まり文句ですが・・・

 

 「投資は自己責任」です、耳タコかもしれませんが念のため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA