銀はETFと現物、どちらで投資した方がいいのか

 金への投資先はETFでも現物でも、投資される方の状況次第でどちらもあり、と前の投稿では紹介させていただきました。

 

 

 では、銀ではいかがでしょうか?

 

 

 金と銀の違いについて以前投稿してますが、何よりも同じ価値で比較した場合の銀の扱いにくさが最大の懸念点になります。

 

 

 そして、売買しやすいETFには、金と同じく「金の果実」シリーズの商品があり、銀もETFで購入可能です。

 

 

 ただ、金と異なるのは交換は不可、という点です。

 

 

 まあ、いざというときに高い手数料を払って、重くて大きい銀のインゴットを手元に置く、そんな状況は思い浮かばないですが・・・。

  

 

 ただ、銀の貴金属と言えば、コインがあります。

  

 

 アメリカで1986年から毎年発行されているイーグル銀貨、またカナダのメイプルリーフ銀貨などは1枚から購入しやすいですし、世界中で様々な銀貨が発売されています。

 

 

 ただし・・・、本当に希少価値のあるコインでない限り、買取価格はコインの重量×銀相場-手数料、ということになりそうですので、銀相場が購入時から変化がほとんど値上がりしてなければ、投資対象は鑑定証付の高額コインに限定されるでしょう。

 

 

 ということで、銀の場合はETFへの投資が一番おススメ、ということになりますが、30年後とか、孫の世代への贈り物のつもりで・・・、余裕資金で銀貨を買ってみるのもありかも???、 自己責任でお願いします。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA