世界の鉱山株へ投資してみる②

 先日の記事では、世界の鉱山株ETFについて触れましたが、住友金属鉱山株のように個別の鉱山会社も多数存在します。

 

 ただ、詳しい企業情報が入手困難なため、投資判断が非常に困難となります。

 

 GDX、GDXJへは、過去実際に投資していました。かなり昔でしたので詳細は覚えていませんが、値動きの理由(背景)が分かりづらくヤキモキしていた記憶があります。

 

 

 海外株投資についてですが、私の場合は株主優待でお世話になっているSBI証券で海外株取引も行っており、SBI証券には米ドルの入金に住友SBIネット銀行を利用した低い手数料で米ドルを調達できるメリットがあり、重宝しています。

 

 銀行で外貨を購入したことがある方は分かるかもしれませんが、片道4銭で米ドルを銀行で購入して米国株投資(証券会社)にすぐに送金する(オンラインですぐに反映する)ことが出来るのは、大変重宝します。(外貨即時決済サービスの説明はこちら

 

 

 米国株に限らず、成長著しい東南アジアへの株式投資を行うにも、各国の通貨をまず準備してその外貨から手数料を支払って外国株を買い付けることが可能ですので、SBI証券で海外株へ投資する場合は先に外貨だけ円高時に購入しておくことも可能です。(外貨入出金の説明はこちら

 

 

 ちなみに現在私が個別で購入している鉱山株は2つだけであり、GDXとGDXJは保有していません。

 

 正直、個別の海外の鉱山株なんて、よく分からないんですけど・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 「投資は自己責任」なので、恐る恐るトライしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA