世界の鉱山株へ投資してみる④

 順番が逆になりましたが、以前に投稿(最下段にリンク有)した中で名前を出している金鉱山株「Kinross Gold Corporation(KGC)」について、私が知る範囲の内容を記載してみたいと思います。

 

 

 

 以下は会社のHP画像になります、なんか格好いいですよね・・・。

 

 

 

 右下の円グラフを見ると、金生産は56%がアメリカのようですね。

 

 

 また真ん中の画像下にある数字、1オンスの金生産にかかる、原価と会社を維持する全てのコストを織り込んだコストを表しているようです。

 

 

 今の金価格を見れば余裕ですよね、そりゃ・・・、(;^_^A

 

 

 当然、年初来高値を更新しているわけです、このまま金価格が堅調に推移する限り、金鉱山会社の株価も上昇を続けることでしょう。

 

 

 

 下はニュースリリースで、5月5日に第一四半期決算発表があるようなので、数字を楽しみにしておきたいと思いますが、コロナ影響をどう説明するのかが気になるところです。

 

 

 

 

 

 ただ、鉱山会社の株価は、所有している各種鉱山の埋蔵量や、今後の鉱山開発期待、運営にかかるリスクなど、あらゆる要素を織り込んだ数字と思われ、単純に一般投資家が株価評価をする事には、無理がありそうです。

 

 

 また、この間のコロナショックによる暴落のように、心理的パニックに陥った投資家が換金するために投げてくるとさすがに、一時的に引きずられての下落は免れないと想定されます。

 

 

 

 残念ながら、他の鉱山会社の生産コストや埋蔵量などを比較して、KGCの他社優位性などはご紹介出来そうにありませんが、私の少ない鉱山株ポートフォリオでは主力(約半分)になっています。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA