自粛影響は株主総会にも影響が

 緊急事態宣言は、すでにあらゆる経済活動に影響が出ているわけですが、私の優待ポートフォリオの一つ、イオンの株主総会案内を見てコロナの影響を再認識しています。

 

 

 

 下は先週に届いていた、イオンの株主総会案内通知に入っていたチラシの一部を拡大したものです。

 

 

 

 スマート行使という、QRコードを読み込んで議決権をオンラインで行使した上で、アンケートに回答してくれたら3,000円の商品券が抽選で100名に当たる、というものです。

 

 

 これまでも、株主対象に実施されるアンケートに回答して、QUOカードが当たる、という銘柄は数多くあり、我が家も家族名義で何度も当選しています。

 

 

 今回は、単なるアンケートではなく、株主総会への参加を小規模に抑制するために、またハガキの集計作業が困難なことから、スマホから気軽に議決権を行使してもらおう、という取り組みかと思われます。

 

 

 

 確かに、この方が幅広く株主の意見を聞くことができるので、良い取り組みだと思いました。正直、私も毎年ハガキでの議決権行使が面倒で、スルーしてましたので、今後の議決権行使のスタイルが変わるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 オンライン教育もそうですが、今まで通りの古いやり方を思い切って変える(見直す)良い機会にとらえるかどうかで、after corona を少しでも良い方向に持っていけるのでは? と思いたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA