世界の鉱山株へ投資してみる⑤

 私の鉱山株ポートフォリオは、KGC、PAASとあと一つ、金鉱山株を組み合わせています。

 

 

 

 KGCは、個人的に金鉱山株で一番有望に見えたため、

 

 PAASは、貴重な銀鉱山が主力の企業だったため、

 

 3つ目に最後の銘柄として組み入れたのは、KGCと同じ金鉱山株である

「 EGO ( eldorado gold) 」という企業になります。

 

 

 

  eldorado ? なんとなく、どこかで聞いたような、

 正直名前で決めたような気もしないような・・・。

 

 

 

 これらの3企業が所有する鉱山が分布しているエリアについて、簡単にご紹介します。

 

 

 

銘柄     所有する鉱山が分布する地域

 

KGC  : アメリカ、西アフリカ、ロシア

 

PAAS : ペルー、メキシコ、カナダ、ボリビア、アルゼンチン

 

EGO  : ヨーロッパ、カナダ、ブラジル

 

 

 

ということで、アメリカに加え、3つの企業で各大陸にまたがって所有する鉱山が散らばっていることが分かるかと思います。

 

 

 

 鉱山経営には複雑な経営上の課題もあり、いろんなリスクを分散させる意味で、EGOがちょうど適していると考えたからです。(後付け・・・)

 

 

 

 ちなみにEGOのコロナ対策を紹介する資料がありましたので掲載します。

 

 

 

 EGOに限らず、各鉱山会社はコロナ対応に追われているうようです。 

 

 

 

 なお、実際のEGO株購入については、しばらく鉱山株が上昇を続けていて、購入タイミングが無かったのですが、コロナショックで下落して反発するタイミングで運よく購入することが出来ました。

 

 

 下が過去1年間のEGO日足チャートで、青線が購入単価ラインとなりますが、もう少し安く買えたかな? と思ってます。

 

 

 

 

 こちらも、KGC同様、金価格の上昇に合わせ上値追いが期待出来そうです。

 

 

 

 尚、1Q決算は米国時間の4月30日でして・・・、正直見逃してました。

 

 内容的にはPAAS同様、採掘利益は大幅に増えてましたが、一時的経費増により1株当たりの利益は予想を下回っていたものの、金価格上昇に支えられていることもあり、株価はあまり反応してませんでした。

 

 

 

 これ以上は、鉱山株ポートフォリオに投資するつもりはありません。

 

 

 じっと、動き始めるのを待つのみです・・・、(;^_^A。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA