銀ETF価格について

 日々、金銀の価格動向をご紹介させていただいていますが、チャート分析などは全て「tradingview」を用い、価格はUSDベースとなっています。

 

 

 

 以前(5/10週記事)に投稿しましたが、銀価格動向を見て追加投資(購入)したのは、国内に上場している、現物との交換も可能(銀は大口限定)な「純銀上場信託(現物国内保管型)」でした。

 

 

 

 

 ちなみに、私がこの商品に惹かれた理由としては、

・海外の先物取引所が破綻しても、現物に裏付けされており安心

・信託報酬(0.55%)はかかっても、取り扱いにくい銀に投資可能

 

というものでした。

 

 

 

 

 

 

 私は国内証券会社しか利用しておらず、鉱山株(SBIの外国株口座)購入以外では、全部円ベースになりますので、実際の円資産変動とtradingviewでの価格(ドルベース)変動は必ずしも一致しません。

 

 

 

 国内銀ETFは先物価格(東京商品取引所)から導き出した理論価格がベースですが、国内取引所は海外大手取引所に連動しており、為替レートの変動を受けますので、ドルベースで下げていても今のようにドル高になっていると、円ベースの銀ETFは殆ど値下がりしていないことになります。

 

 

 

 ただ、日々の動きはドルベースが基本なわけで、今週の銀先物はしつこい売り物(意地でも上げさせないような売り)に押されて・・・

 

 

・上昇波形を乱される

・ドル高で、ドルベースの先物価格がダラダラ下げ続け

 

 

という、ストレスの溜まる展開になってます、(´;ω;`)ウゥゥ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA