ヤマダ電機の優待は我が家にはありがたい!

 長期投資の代表格と言えば、やはり優待株投資だと私は考えてます。

 

 

 

 と言っても、株式投資に代わりなく、リスクは付き物なわけですが、そのリスクを限りなく抑えてくれるのは、優待権利を取得可能な、最低投資額の低さと配当+優待価値の総合利回りの高さ、でしょうか。

 

 

 

 例えば、数万円の投資で年間数千円以上(10%前後)の価値(自分または家族にとって有益に使える優待権利)を見出すことができれば、投資先としてはかなり有望と言えます。

 

 

 

 財務内容が優れていたり、事業の将来性がある銘柄であれば、長期間保有しているうちに、数万円だった投資額が気づけば何倍にもなっていた、なんてことも期待出来ますし、実際過去に多くの銘柄で体験してきました。

 

  

 

  振り返ってみると、2年前にもヤマダ電機の優待株について投稿してましたね・・・、もういつから保有しているのか覚えてませんけど。

 

  

 

 

 

 もう何度もらったか分からない、優待券・・・。ちなみに優待は年2回権利がありますが、長期保有優遇制度を取り入れており好感が持てます。

 

 

 

上記の画像は7月1日に届いたものですが、1名義当たり6枚(3,000円分)が家族4名義分ありますので、1万2千円分の割引を受けることが出来ます。

 

 

 

早速、今週末にでも、受験が迫っている高2の長男が欲しがっていた電子辞書を買いに行こうかと考えています。

 

 

 

 ただ、ヤマダ電機について言えば、大塚家具を救済(子会社化)したのは正直納得できないですね・・・、まあ元は十分とれてると思うのでどうでもいいですけどね、(;^_^A。

 

 

 

 

 無駄な電化製品を衝動買いしては意味がないので、我が家では優待券を計画的にフル活用するよう、計画的な電化製品の世代交代を心掛けています。

  

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA