銀の相場展開への個人的期待

 

 本投稿は備忘録的に現時点での、私の個人的な銀相場への期待になりますので、銀への投資を推奨するものではありません。

 

 

 

 

 2019年からの日足ベースを下に貼り付けますが、ここ最近は、銀上昇サポートライン(下図の赤線)に注目してきました。

 

 

 

 

 

 

 これまで2つの重要ライン、①緑色(コロナショック後の戻り高値更新)、②薄青色(年初来高値更新)をクリアしてきたわけですが、ついに目先最後のライン、③青色を迎えつつあります。

 

 

 

 このラインは昨年の高値であり、ここをクリアすれば、当面の中期上昇トレンドは確定的になるだろう、と私は考えています。

 

 

 

 

 

 次に長期での相場展開を考えるために、リーマンショック後の週足銀チャートを貼り付けます。

 

 

 

 

 先ほどの3本のライン(①緑、②薄青、③青)はそのまま表示させています。

 

 

 

 ここで新たなライン、④ピンク(前回の銀大相場終了後の戻り高値)が登場してくるのですが、ここをクリアすれば新たに長期の銀上昇相場が確定すると私は期待しているわけです。

 

 

 

 ピンクラインは目前です、水準で言えば$21台であり、日足終値でここを超えてくれば・・・、意外とその時期は近いかもしれません。

 

 

 

 前を向いて、じっと銀の大相場を待ちたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA