金鉱株が好調だった、今週の金銀市場(現物/先物/鉱山株)動向

 

<<2020/09/13週>>

 

 
価格は全て、週末終値、( )内は対先週末比

 

 

【国内市場】

 

 

金地金小売(1g)価格: 7,278円(▲86)

 

銀地金小売(1g)価格: 102.41円(▲0.55)

 

金ETF(現物保管型)価格: 6,270円(▲100)

 

銀ETF(現物保管型)価格: 8,400円(▲60)

 

 円高により国内価格はドル建てと異なり、少し下がった形ですね。

 

 

 

【海外市場】

 

 

金(CFD/1oz): 1,950.51ドル(+10.06)

 

銀(CFD/1oz): 26.769ドル(+0.030)

 

金(先物/1oz): 1,957.75ドル(+9.85)

 

銀(先物/1oz): 26.965ドル(+0.108)

 

 チャートは相当煮詰まってきてますが・・・。

 

 

 

【鉱山株】

 

 

KGC (金主力)株価:10.00ドル(+1.20)

 (ついに2桁、年初来高値更新!)

 

EGO(金)株価: 11.81ドル(+ 1.17)

 

PAAMS(銀主力)株価: 34.63ドル(+0.16)

 

WPM (銀準主力)株価: 51.19ドル(▲ 1.66)

 

 

 

KGC(私の主力金鉱山株)ですが、米国時間9/17に四半期1株当たり、0.03ドルの配当開始をリリースしました。

 

 

 

 もちろん、発表内容はそれだけでなく、今後の成長を大いに期待させる素晴らしいものでした。

 

 

 

 経営の不安定な鉱山株にあって、金価格の高騰でついに配当開始を宣言、株価はすぐに反応し、昨晩は利確に押されたようですがついに10桁の大台に乗ったのでした。

 

ダブルバガーを超えて次はトリプル狙いましょう!

 

 

 

 この流れは他の金鉱山株にも言えることなので、EGOも釣られて高くなったのではないでしょうか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA