長期GSRグラフの更新

 

 国内でのコロナ騒動(報道)が落ち着いてきているように見えますが、まだロックダウン情報も出ている海外とは状況が異なるようです。

 

 

 

 実際の被害(死亡者数等)を見れば当然に思えますが、一部マスコミによる煽り報道は見るに堪えないですね。

 

 

 

 ぼちぼち、911テロと同様、週刊誌辺りから「実は・・・」なんて記事もいずれ出てくるのではないでしょうか? (;^_^A。

 

 

 

 香港や台湾、ファーウェイやTIKTOK、中米緊張ネタもそのうち、軍事ネタへと切り替わりそうですが、きっかけが何であれ、気になるのは「金利、ドル、株、金銀、おまけでビットコイン」の動向でしょう・・・。

 

 

 

 それらの指標がどう動いたかで、背景が何であれ投資で、損失を出すのか、利益を出すのかが決まり、誰(何処)が得をしたか(事実だけ)を見れば、何となく仕掛け人も見えてくるのではないでしょうか?(あくまで個人的雑感です)

 

 

 

 我々庶民は、それぞれどちらかに賭けるか、傍観するのか。

 

 

 

 とりあえず、私はGSR長期グラフの流れにしばらく乗っておこうかと・・・、(;^_^A。

 

 

 

 最近動きが落ち着いているので毎週更新は控え、今回は長期GSRグラフの縦軸を対数表示に変えてみました。 

 

 

 

 実際の損得は、率で考えないと分かりづらいですから。

 

 

 下は、1973年以降の長期GSRグラフ(週単位)になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうして眺めてみると、確実に金銀は上昇を続けており、GSR変動は予測が難しいことが判ります。

 

 

 

 ちなみに直近20年ではこんな感じになります。

 

 

 

 

 

 ここ20年で、金銀ともに、超優良金融商品に思えてきます、(;^_^A。

 

 

 

 以前にも投稿で触れましたが、銀価格上昇で利益を得る手段としては銀ETFと鉱山株で十分だと思ってます。

 

 

 

 銀地金はあくまでも、○○に備えての「保険」であり、何事もなければ将来どこかのタイミングで、高価格の時に購入元で買い取ってもらう予定です。

 

 

 

 話を元に戻して、GSRなんか考えなくても、普通に長期投資先としては特段何も問題ないような・・・、どうなんでしょう。

 

 

 

 

 さて、どうなるのでしょう、┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA