銀価格も大統領選も、もう少し時間調整か・・・

 

 先週に続いての内容になりますが、状況にそれほど変化は生じていないようですね、相変わらずの大統領選の不正郵便投票劇(報道合戦)は続いていますし、国内のマスゴミ(もはやマスコミとは言えない)は、超偏向報道に加え、少しでもバイデンに不利な情報は一切伝えない、触れたら降板(小林麻耶さん)!?

 

 

 

 これ(降板問題)については、別な原因もあった、などと否定する説も掲載して火消しされつつありますが、現役大統領を悪役に決めつけてワイドショーネタとしてデタラメ(裏取りをしていない)報道をしている、ほぼ全てのニュース番組の方が余程失礼で気持ち悪いと思います。

 

 

 

 まだトランプの敗戦は決まって(本人が認めて)おらず、最長年明けまで延びる可能性もある中、不用意にもバイデンに電話で祝意を伝えた、某総理は「やらかしちゃった」みたいです、もし不正郵便投票で結果がひっくり返ったら・・・、交代するしかないですよね、(;^_^A。

 

 

 

 一方、銀価格ですが、やはり・・・、残念ながら調整が続いています。

 

 

   

  下は、前回と同じく過去2年間の日足チャートで、私が適当に引いている抵抗線はそのままです。

 

  

 

 

 

 先週、もしかしたら上抜けるか?、と一瞬期待させてくれましたが、やはり調整期間内の動きでしたね、(;^_^A。

 

 

 

 大統領選の結果が正式に確定するのと、銀価格が大きく動くのと、さてどちらが速いのでしょうか?  ┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA