もう一つのSV(BSV)に関する興味深いニュースが出てます

 

 銀はトップ記事の更新後すぐに大きな上昇モードに突入したようで、嬉しい限りですが、暗号資産であるビットコイン等の投機金融商品と同様に、月曜日は激しいボラに見舞われました。

 

 

 

 まだ、銀の持つポテンシャルが評価されての上昇にはなってないので、今後も他の金融相場に引きづられての激しい上下変動は避けられないように見えます。

 

 

 

 

 一方、タイトルにもあります、前回の「もう一つのSV」に関する投稿以降、BSVの相場はなかなか飛躍出来ないでいます。

 

 

 

 

 やはり、対峙している基軸通貨であるBTC(ビットコイン)には、世界中から資金が集中しており、BSVへの資金流入に結び付くBigNEWSでも出ない限り、BSVの価格上昇は簡単には起こりそうもないですね、(;^_^A。

 

 

 

 

 一番残念なのは、前回の記事で紹介しました、BSVのマイニングや関連の開発をしているカナダの上場企業「TAAL」を買えなかったことです。

 

 

 

 

 日本国内からは購入する手段が現状ないので仕方ないですが、以下のチャート通り、なんと投稿の翌日から一気に上昇を開始し、1.5倍になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・、本当に残念です、( ;∀;)。

 

 

 

 

 この上昇に直接関係するかどうかは分かりませんが、BSVに関する大変興味深いニュースがリリースされていますので、ご紹介します。

 

 

 

 

 「ツバル、SVで世界初の国家デジタル元帳・インフラプロジェクトビットコイン着手」、NEWSWIREというサイトの記事になります。

(閲覧ソフトのツール等で日本語に翻訳表示させてご覧ください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回の記事にも書きましたが、BSVは一番(唯一?)実用性のある暗号資産(仮想通貨)だと、そう個人的に思ってます。

 

 

 

 

 私個人で勝手に追いかけている、2つのSV・・・、ダブルでの昇竜拳を見られる日は果たして来るのでしょうか?

 

 

 

 

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA